teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


日蓮正宗法華講全国大会Ⅱ

 投稿者:三重、津、山ねずみ  投稿日:2017年 5月23日(火)21時11分25秒
編集済
  ↓下に書いたように山ねずみは21日(日)から母ちゃんとお寺の信者さん30人ほどと一緒に6年前に大震災の起きた宮城県南三陸町で行われた(日蓮正宗法華講全国大会)に参加してきました。
なお翌日(22日)は町の中心街が全滅(壊滅)した南三陸町と気仙沼市の震災跡を語り部さんのそ当時の惨状の話を聞きながら見学?しましたが、あれから6年!もう惨状の跡はほとんど無く惨状跡は新しい町の再生のために土地の原型の形が作られてこれからは地上の建物の建設が始る状態でした。

でも南三陸町を始め震災に遭った近辺の市町村では海や川の護岸工事、道路の修復、新設工事がいたる所で行われていました。
その点で(本格的な復興はまだまだこれからだな?)と感じました。

そしてきょうは日本三景の1つの松島を観光して帰りました。今回は珍しく二泊三日で往復飛行機での旅?でした。

画像は全国大会が行われた南三陸町のホテル(観洋)と現在も震災に遭った建物がそのまま残されている震災当時(それ以後も)テレビや新聞で良く報道された(防災対策庁舎)と余り知られていませんが(山ねずみも今回の語り部さんの説明で初めて知ったんですが)防災対策庁舎の近くにある民間の建物の(高野会館)です。
この建物には当時高齢者を中心に300人以上の人が居たそうですが、みんなが避難を急ぐ中!職員が自分達の判断で(避難すればもっと危険だ!ここに居た方が助かる!)と言って入口を塞ぎみんなを3階の屋上に避難させその内屋上にも15mの高さの津波で水が来たので高齢者を屋上の上の給水塔の場所に押し上げて?その内屋上の水は膝くらいの高さで修り324名の命が助かったそうです。でも職員の制止を振り切って建物から出て行った4人は犠牲になったそうです(語り部さん自身も被災者の1人だそうです)

また山ねずみが泊ったホテルも2階まで水に浸かって2ヶ月間電気、水道、ガスのライフラインが止っていたそうです。でも女将さんの(被災者の人達のために何かしなければ!)との気持ちから自分の家も被災に遭っている従業員と共に避難場所として被災者の人達を受け入れて一時は600人くらいの人がこのホテルで生活していたそうです。
それで今回山ねずみが行った時も2階にある露天風呂の外にある木が震災で塩水を被ったので枯れてしまった!と言ってほとんどの木が枯れていました(今回このホテルで開催した全国大会の冒頭でこの女将さんに震災当時やその後の様子の話をしていただきました)

語り部さんの話によると今回の大震災で警察でも消防士でもない一般の人が(命をかけて命を救った人!)や(命をかけて人を救ったけれど自分の命は救えなかった人!)(お互いを救えなかった人!)が多く居るそうです。
山ねずみもイザとなった時どう対処出来るだろうか?心しなければ!
 
 

シャクナゲ坂へ。

 投稿者:山屋  投稿日:2017年 5月21日(日)23時05分50秒
  きょうは、大台ヶ原へ行く予定で自宅を出る。
駐車場は満車につき手前の空きスペースに駐車。駐車場から日出ヶ岳へ登る。
ここから予定変更でシャクナゲ坂を下り、最終的には粟谷小屋まで行ってきました。残念ながら小屋の管理人は急用で下山、22日(月)午前6時までに戻るとの貼り紙があった。本日の宿泊は無理のようでした。帰りは堂倉避難小屋経由でシャクナゲ坂を上って登ってきました。

行きの日出からのすぐの下り道には大勢の登山者がいた。皆シャクナゲを見る目的だったのだろうか?
それとも大杉谷から登ってきたのだろうか?
対照的に帰りには日出の手前でシカ二頭と出会いました。
花はシャクナゲ以外にはアケボノツツジ・スミレ等々が咲いていました。

追伸:きょうは家族連れの登山者が多かったが、シャクナゲ坂の途中で男の子を探している登山者がいましたが、無事みつかったのかが気がかりです。

画像は、きょうのシャクナゲ坂入り口のシャクナゲと遭難碑上付近に咲いていたアケボノツツジと粟谷小屋です。
 

日蓮正宗法華講全国大会!

 投稿者:三重  投稿日:2017年 5月21日(日)04時28分25秒
編集済
  山ねずみの信仰している日蓮正宗の毎年全国の何処かで開催されている(法華講全国大会)がきょう午後2時から東日本大震災の被災地の宮城県南三陸町で開催されます。
今年は大震災が起きてから丸6年!犠牲者の七回忌になるので七回忌法要をする事も目的で今年はこの場所に決めたそうです。

山ねずみが所属している津のお寺からも30人くらいが参加します。山ねずみも夫婦で参加します。
往復飛行機で今朝(津なぎさまち)を始発(6:00)の船で出発して中部空港を8:00に出発して仙台空港に9:15に着きます。さすが飛行機!早いなあ~!
そしてバスで南三陸のホテルに向かって午後2時からの大会に参加します。今回は公共の会場が無いので宿泊のホテルの大広間で大会が開催されます。だから今回は大会の参加者も大幅に制限されています(ホテルで大会をするのは初めてです。10数年前には津の県文化センターでも開催されました。その時は山ねずみは駐車場係を担当しました)

きょうの大会が無事故で開催されるように祈って参加して犠牲者の追善法要をしてきます。
また明日は被災地跡を見学?して、あさっては松島の観光をして帰ってきます。二泊三日の旅?です。宿泊は2日共大会会場の(ホテル観洋)です。
それでは行ってきます。

画像は大会が開催される南三陸町の(ホテル観洋)です。
 

海路山登山!

 投稿者:山屋  投稿日:2017年 5月20日(土)20時44分30秒
  きょうは一年に一回あるかないかの日本晴れ。しかも休日。しかし午前中は紀北町へ、合間に海山郷土資料館作品展の見学と高塚公園展望台と豊浦神社へ散策。
午後からR425号旧坂下隧道~旧坂下トンネル経由し海路山(川の奥三角点)と鉄塔がある展望台まで歩いてきました。
画像は、海路山手前からの便石山・橡山と大台山系と海路山展望からみた尾鷲市街です。
近年尾鷲トレイルコースとして整備された関係で知られるようになったため、このコース内ではじめて登山者1名と出会いました。
 

雨乞岳笹刈り登山!

 投稿者:三重、津、山ねずみ  投稿日:2017年 5月20日(土)19時04分19秒
編集済
  ↓下に書いたようにきょうは朝から鈴鹿の雨乞岳へ草刈り機を担いで草刈り登山に行ってきました。
草刈りの場所は東雨乞岳と雨乞岳本峰の中間にある稲ヶ谷コースの下り口から100mくらいの間が背の高い笹が茂って何処が登山道か解らないくらいになっていたのでその笹を刈って登山道が解るように、歩けるようにするために笹刈りをしに行ってきました。

体の小さい山ねずみ(身長155cm 体重39kg)には草刈り機を持って登るのも大変ですが、斜面の登山道で山ねずみの身長より高い笹を刈るのはもっと大変でした。刈った笹が登山道にいっぱいになってそれがまた滑るので大変!

100mくらいの笹藪を刈るのに2時間くらいかかりました。草刈り機の持ち上げと草刈りで疲れ果てて帰りは大変でした。
でも何とか笹刈りが出来てきょうの目的が果たせたので自分では満足です(自己満足)

画像はきょう笹刈りをした場所と笹刈りを終えて上の下り口に上がって来たらちょうど山仲間のkangetsuさんがkangtsuさんの登山会で綿向山から来た!と言う事で出会ったので写真を撮ってもらいました。それにきょうはシャクナゲの花とイワカガミの花が見頃できれいでした(来週の日曜日(28日)我が遊楽会で(雨乞岳へシャクナゲの花を見に行こう!)と言ってみんなで行く事になっているんだけど?それまでシャクナゲの花が持ってくれるかなあ~?
 

日の入りと日の出!

 投稿者:三重、津、山ねずみ  投稿日:2017年 5月20日(土)05時52分44秒
  きのう夕方の日の入りと今朝の日の出です。

なおきょうは鈴鹿の雨乞岳へ登山道整備(登山道の笹刈り)に行ってきます。
 

遊楽会からのお知らせ変更!

 投稿者:三重、津、山ねずみ  投稿日:2017年 5月16日(火)20時16分32秒
編集済
  今月28日(日)の遊楽会の登山を鈴鹿の竜ヶ岳とお知らせしましたがきょう山ねずみがちょっと私用があったので会社を休んで(私用は朝の1時間くらいで終ったので)竜ヶ岳へシロヤシオの下見に行ってきましたが、シロヤシオの花はほとんど咲いていませんでした。ホンノ100本に1本?くらいは咲いていましたが?

それで28日の登山は行きますが登る山を同じ鈴鹿の雨乞岳に変更します。雨乞は先週山ねずみも行ってきましたがシロヤシオの花は無くても?シャクナゲの蕾は多くはないですがあったのでシャクナゲの花は見えると思いますので?

それで集合場所は武平峠のトイレのある駐車場に午前8時としますのでよろしくお願いします。
参加希望の人は前日27日までに山ねずみまで連絡してください(なるべく早く)よろしくお願いします。

画像はきょうの下見登山のほとんど葉っぱばかりのシロヤシオと唯一普通くらい?に咲いていたシロヤシオです。

http://

 

ヤマケイ&岳人6月号!

 投稿者:三重、津、山ねずみ  投稿日:2017年 5月15日(月)19時05分40秒
  きょうは15日!ヤマケイ&岳人の発売日!早速近くのイオンタウンにある本屋さんで買ってきました。
6月号のヤマケイの特集は(夏山登山を変える最新テクニック70)ですが?テクニックに最新なんてあるんだろうか?ハハハ、、、
まあそれはどうでもいいわ!それより第二特集(初夏 高山の花を訪ねて)の方が山ねずみは興味があります。
高山の花(アルプスの花)は花にそんなに興味のない山ねずみでも気になります。アルプスの岩場に咲いた花!お花畑!と言われるように一面に花が咲いた場所!アルプスの魅力の1つだと思います。

今年も花を見に!山を見に!出来るだけ多くアルプスに行きたいと思います。取りあえずは次の機会には(白馬大雪渓)と燕岳に行きたいと思っています。

岳人の特集は(秘境探訪)これも気になる場所が幾つか紹介されているので行ける所には行きたいと思っています。

画像はヤマケイ&岳人の6月号です。
 

地池高登山!

 投稿者:三重、津、山ねずみ  投稿日:2017年 5月15日(月)06時13分35秒
  きのうは山ねずみが入会している尾鷲の(東紀州テンマウンテンの会)の5月の登山会で大台ヶ原の尾鷲道の沿線?にある(地池高)に母ちゃんと行ってきました。
尾鷲から場所が遠いし大台ヶ原駐車場に朝8時集合だったので参加者は少ないだろうなあ~?と思って行ったら(山ねずみ夫婦は前夜に駐車場まで行って駐車場で車中仮眠)いつもと変らないくらいに53人の参加でした(申し込みは55人)

登山ルートは駐車場から尾鷲辻まで行って尾鷲辻から尾鷲道を下山?1時間くらい下って堂倉山手前で尾鷲道と別れて堂倉山へ!堂倉山を越えて地池高へ!
尾鷲辻から下りが多いのでみんな(こりゃあ帰りが大変だなあ~)と言いながら下る。途中広くて見頃のシャクナゲの群生地があってみんなが感激!
山ねずみもあんなに多くのシャクナゲがあってまたちょうど見頃なシャクナゲを見たのは初めてでした。
それにしてもあんな場所にあんなに多くのシャクナゲが群生しているって凄いなあ~(不思議?だなあ~)と思いました。
帰りの厳しい登り返しも無事全員頑張って駐車場に帰りました。
厳しい登山でしたが多くの仲間達とまた素晴らしいシャクナゲの花が見えて楽しい登山でした。
いつも感謝していますが、登山会を企画、下見、実行してくださるスタッフのみなさん!ありがとうございます。

画像は地池高での全員写真とシャクナゲ群生地のシャクナゲとシャクナゲと山ねずみ夫婦です。
 

菓子博2017inサンアリーナ!

 投稿者:山屋  投稿日:2017年 5月14日(日)19時58分23秒
  きょう最終日に行ってきました。会場へは朝熊ICで下り、近くの駐車場から無料シャトルバスですぐでした。尾鷲を出たのが11時前で、車で1時間逆弱で、会場着は12時すぎ。懸念された渋滞は皆無でした。
残念ながら赤福の抽選券はハズレでした。

最初に会場全体を見学してから、メインアリーナーの展示ブースをひとまわりした。ここには全国の都道府県すべてのお菓子が展示してありました。ここで時刻は14時、腹が減ってきたので、外で伊勢うどんを食べました。この時、偶然に手品師のアトラクションが開催されていました。最後に入場門手前にあった全国お菓子土産の出店にて土産を買い、会場を出て、シャトルバスには乗らず歩いて駐車場へ向かった。所要時間はわずか10分でした。待ち時間のあるブースはパスしましたので、尾鷲へは16時すぎの帰宅でした。

追伸:駐車場代(¥2000)と入場料(¥2000)は割高でした。これが最終的に入場者60万人行かなかった理由かな?
画像は、きょう最終日の菓子博の様子です。
 

レンタル掲示板
/517